おいしい小麦粉

2017年5月31日カテゴリ:パン


小麦農家”ろのわ”さんを訪問した際に購入した”ミナミノカオリ”。
農薬を使わない有機栽培の貴重な小麦粉です。

正直、有機栽培の小麦粉を買ったことは無く、
ミナミノカオリの味のイメージもそんなに無く、
どんな焼き上がりでどんな味なんだろう!?と興味津々。

オールミナミノカオリでリュスティックを(加水90)。
ミナミノカオリ + タイプERでミニカンパを(加水80)。

粉、水、塩でシンプルに味がわかるものを焼きました。
ぐるぐるっとかき混ぜる程度で、あとはパンチを2回。
酵母はホップ種+少しのイースト。


はじけるように元気な焼き上がりって嬉しくなるー!

クラムはグレー色!!
ミナミノカオリ、本当にグレーなんですね。
しっかり冷めて、味見をしてみると、クシュットした食感に噛みしめるほどにうま味がじゅわり!
とにかく美味しくってびっくりしました。
キタノカオリが甘くてミルキーならば、その対極にある感じ。
あれこれ意図して粉をブレンドしなくてもこんなに深みが出ることに驚きました。
一日かけて90キロの粉をゆっくり、なるべく熱をかけないように挽かれている粉だそうです。
(大手の製粉会社さんの何倍もの手間暇だそうです。)
小麦畑を見学させてもらって聞いた話や目で見た風景が、焼き上がりのパンとつながった瞬間には感動してしまします。
”365日”杉窪シェフが挽かれた粉を見て、
パンの美味しさは、発酵で魔法がかかって美味しくなるんじゃなく、挽かれた粉の味で決まるんだとおっしゃっていました。私の中で印象に残った言葉なのですが、そんな言葉もパンを焼いてみるとホントだー!!とそのときの光景がよみがえります。
家のオーブンでも美味しくリュスティックが焼けるなんて、パン屋さんで焼く美味しさを想像したら、、!!

カンパ―ニュの方はタイプERを足してるので、まるっきりグレーではなく少し茶色がかったような感じ。

そんなリュスティックで、アジフライサンド。
パンが大きいと、たっぷり挟みたくなります。

キャベツとパセリのマリネ
紫玉ねぎのスライス
トマトのスライス
フカフカのアジフライ

たまたま実家から沢山もらったのでキャベツと一緒にしてみたパセリ。
あれ、こんなに爽やかだったのね!と、発見!

もう最高です。
サンドイッチはおうちで作る方が断然おいしい、と思うのです。

今日でリュスティックの冷凍ストックが無くなりました。
毎朝、トーストしてバターを乗せて噛みしめていました。
ストック切れで悲しくなるほど、病みつきになりました(笑)
また、注文しなきゃ。

明日から6月。
何だか急に暑くなって、だるさが抜けません( ;∀;)
気の持ちよう、かな。


« »